USB小型扇風機

USB小型扇風機

しかし、今年の残暑は厳しいですねえ。9月に入ってもこの暑さは続くそうなので、ほんと、嫌になります。

実は、うちはクーラーが苦手な夫婦なんです。

だから、この暑さでも、できるだけ窓を開け、扇風機を回してしのぐようにしています。とはいえ、赤ちゃんのいる部屋はそういうワケにもいかないので、日中とお風呂上りはクーラーのお世話になってます。

扇風機といってもうちには現在一台しかなく、その一台は居間でフル稼働しています。

そのため、必然的に私が仕事をしている部屋には扇風機がないんですよね。今年は風の強い日が多いので、窓を開けると心地よい風が流れ込んでくる日が多くてまだ助かってますが。

とはいえ、小さいな扇風機でいいので一台ほしいというのが本音ですね。

それで、いろいろ探してみたんですが、8月上旬に日本トラストテクノロジーから発売されたUSB小型扇風機「風とミスト USB」というのが非常に良さそうです。

USBバスパワー動作に対応したミニ扇風機なんですが、台座部から出る霧をファンで気化し、涼しい風を送ってくれるそうです。パソコンは一日中つけているので、そのパソコンから電源をいただけるのもなんか嬉しいですよね。

しかも、冬は加湿器としても利用できるそうなので、今から買っても充分使いこなせそうですよね。

うちには空気清浄機と加湿器が一緒になったものがあるのですが、それも今年は居間でフル稼働しそうです。仕事部屋は乾燥しやすいので、ちょうど加湿器が一台あってもいいと思っていたのでこれは絶対買いですよ。

あ、それとアロマボックスも付いているらしく、女性にも人気があるそうです。

まあ、アロマが合っても私には関係ないですが、気持ちを落ち着かせるにはいいみたいですね。妻はときどき風呂に入りながらアロマを使っているみたいです。どこまで効果があるのかわかりませんが。

「風とミスト USB」ですが、コンパクトでUSB接続なので、もちろんオフィスでも使えますよ。

しかし、最近の家電はいろいろ合体してるから面白いですよね。

冷蔵庫に保温室がついた時にはさすがにビックリしました。冷蔵なんですから、冷やす機能だけでいいと思うんですが、これも消費者のニーズなんでしょうかね。

ホンダエヌワン

男らしさと女らしさ

男らしさと女らしさ。

この二つの定義については個人間で差がありますが、やはり人間には二種類の性別しか無いので、

各性別に沿った性格であるに越した事は無いというのが一般的です。

しかし性同一性障害などの病気ほどで無いにしても、

中には性格が男みたいな女性、女みたいな男性が居ます。

これらは別に取り立てて騒ぐ問題でも無く、むしろ単なる性格としての個性の部類です。

しかし、この二つには大きな隔たりがあると私は思います。

まず女みたいな男性ですが、こちらは言いにくいですが、

男性からも女性からも倦厭される傾向が強いと思われます。

「女々しい男」に見られるような悪口に始まり、男性からも女性からも受け入れられにくく、

オネエ系と呼ばれる一部の芸能人は稀な存在と言えます。

事実、女性的な仕草を見せる男性はなよなよとしたというイメージが真っ先に浮かび、

個性というにはあまりにもマイナスなイメージが強いですね。

逆に男みたいな女性ですが、こちらの方はさっきとは逆に、

男性からも女性からも好かれやすい傾向があると思います。

宝塚の男性役に見られるような、男性的な女性というのは凛々しさが当てはめられ、

そして凛々しさというのは女性だけでなく、男性も惹きつける魅力的な要素であります。

男性と女性が逆なだけでこれほどまでに違うのはどうしてでしょうか?

中性的という言葉をご存じでしょうか?

この意味合いは男性か女性でありながらも同性を惹きつける魅力というような意味合いが強く、

そして中性的というのはあくまで「中性とは称していても実際は女性寄り」な魅力では無いでしょうか。

そもそも男性も幼いうちは声が高く、それこそ性別の見分けがつかないような外見は珍しくありません。

そしてそうした状態はあくまでも女性基準の状態であり、男性の特徴が出るのはかなり先です。

つまり、女性の方が魅力的な要素が一つ多い状態であるからしての価値観では無いでしょうか。

漫画などで用いられる女性同士の恋愛を描いた作品は男女に受け入れられる事もよくありますが、

男性同士というのは受け入れる人が極端に少なくなります。

そこも関係しているのではないでしょうか?

実際、私も男性みたいな女性が友人に居ますが、彼女は男女問わず人気者で、

魅力ある人物と言って差し支えありません。

次回があればそこについても書いていきたいですね。