山登り

山登り

知り合いが趣味で登山をはじめたので興味津々です。

実は、昔から海より山派だったので、いつか私も登山に挑戦したいと思っていました。でも、本格的にはじめるには装備を揃えるのも大変だろうし、何よりも登山のことを教えてくれる人がまわりにいません。

最近はツイッターやフェイスブックで簡単に仲間を集うこともできるでしょうが、知り合って間もない人たちと登山するほど私はアグレッシブではないんです。だから、何かきっかけがないかなあとずっと思ってました。

とはいえ、登山に自信があるかといえばそうでもありません。どちらかというと体力がないほうなので、途中で投げ出してしまうかもしれませんが・・・。

しかも、登山といえば高尾山にのぼったことぐらいしかないんです。

本格的に登山をしている人からすれば、高尾山なんて散歩コースなのかもしれませんが、それでも結構ヒイヒイ言いながら登っていたように思います。

あ、そういえば高尾山の上にビアガーデンがあるんですよ。

夜になると夜景がすごくきれいで、デートコースには打ってつけです。妻とも結婚前によく行きました。って、まあ、どうでもいい情報ですが、とにかく登山の経験は高尾山しかないんです。

でも、私がイメージしている登山は、フル装備で、ザイルなんかを使って険しい崖を登っていくようなヤツ。

まあ、根本的に考えが甘すぎるかもしれませんが、なんか、「男ならいつかは山登り」的なことをずっと昔から思っていたんです。だから、きっかけさえあれば本格的にはじめたいと本気で思ってました。

その知り合いですが、どうやら雑誌なんかを参考に一人で登山を始めたそうです。

しかも結構本格的で、テントなんかを持って一泊して帰ってくることもあるとか。まさに、私がイメージしていた登山にピッタリ。だから、いつかお供させてもらえないかなあと思ってます。それこそ甘い考えかもしれませんが。

最近は富士山に登る人も増えてるんですよね。この前テレビで紹介してましたが、年間約30万人もの人が富士山に登っているそうです。

繁忙期は列になって登るから、自分のペースでは歩けないとか。なんかそれも大変だなあ、と思いますが、やっぱり富士山は一度は挑戦してみたい山の一つですね。

さあ、何からはじめるべきか。まずは知り合いに連絡してみようっと。

目標は、富士山頂でのご来光ですね。

同じで違うアプリケーションの整理の仕方

今、私はiPhoneのホーム画面の整理を行っておりました。

生活に身近な必需品となっているので、まだ一年も経過しておりませんが、

それなりにこだわりが出てきています。

スマートフォンの魅力と言えばiPhoneにもandroidにも限らず、

アプリケーションの自由な追加です。

スマートフォンに慣れないと言っている人は主にこの自由さを持て余してしまい、

多機能性を活かし切れていないのでしょう。

プライベートでも仕事でも使っている私としては、少々もったいなく感じてしまいます。

しかし、多機能を使いこなすにしても、やはり問題もあります。

それは増えすぎたアプリケーションです。

アプリケーションが多ければ多いほど機能が多く出来る事が増えてきますが、

そうなるとホーム画面と呼ばれるアプリ置場が乱雑になりやすく、

恥ずかしながらいつも使っている私も、さっきまで数々のアプリを見てつい

「これは何の機能だっけ?」と思ってしまいました(笑)

なので私はある程度目的を絞って整理してみる事にしました。

アプリはフォルダを作る事で一か所にまとめられますが、

フォルダ内のアプリは一度フォルダをタッチしてから展開させる必要があります。

つまりは一度タッチする手間が増えるわけですね。

わずかな手間とはいえスマートフォンに慣れてくると、

どうしてもより短い手間で操作する事を求めだしてしまいます。

なので私は一番初めの画面はフォルダを作らず、良く使うアプリをそのまま置く事から始めました。

たくさんの機能があっても、実際「毎日使う」「良く使う」「無いと困る」アプリというのは絞られます。

なのでそこに着目して一日一回以上使う物を配置してみました。

結果、かなりすっきりとした画面に。

そしてドックと呼ばれるページ送りをしても動かない部分に、

一つだけフォルダをセットしました。

ドックというのは通常良く使っていて素早く起動できるもの、

というコンセプトに逆行しているように見えますが、実際配置している中には、

「良く使うけど一日一回くらい」の頻度の物を集めていますので、

目に付かないと困るけどすごく使うわけでもない、というアプリにピッタリでした。

ドックにもフォルダを置けるというのは案外いい機能ですね!

とりあえずこれでホーム画面からページ送りを可能な限りせずに、

自分が好きな機能を使えるようにしてみました。

また使ってみて変えるかもしれませんが、

やはり部屋と同じく、スマートフォンの画面も整理すると気持ちいいですね。